Android P Beta 3では、ダークモードを手動でアクティブ化できます

ダークモードは常にほとんどのユーザーの要求のXNUMXつですが、GoogleとAppleの両方が それらはそのモードを追加する作業用ではありません、デバイスにOLED画面がある限り、バッテリーを大幅に節約できるという主な利点があるモード。

昨年、グーグルはグーグルピクセル2がすぐ後にグーグルピクセルに引き継がれたモードであるダークモードをアクティブにすることができる可能性を導入しました。 しかし、このように、 ダークモードまたはライトモードを手動で設定することはできませんでした 私たちの好みに応じて、しかしそれは私たちがインストールした壁紙に従って自動的に行われました。

昨日、GoogleはAndroid P Developer Preview 4のXNUMX番目のベータ版をリリースしました。このベータ版では、主な目新しさとして、 いつでも必要なモードを確立できるようにする、デバイスにインストールした壁紙に依存することなく、これまで理解できない方法で自由に使えるようにならなかった可能性があります。 また、設定した壁紙に応じて、デバイスのテーマを自動的に調整することもできます。

今のところ、Googleは第XNUMXベータ版でこのオプションを有効にしていますが、またはそれは、この可能性が最終バージョンに到達できることを意味するものではありません。 グーグルがAndroid向けにリリースするベータ版に機能を追加するのは初めてではなく、最後ではないと思いますが、最終的には最終バージョンには到達しません。

GooglePixelまたはGooglePixel 2をお持ちではないが、お持ちの場合 Essential Phone、Nokia 7 Plus、Oppo R15 Pro、OnePlus 6、Sony Xperia XZ2、Vivo X21 UD、VivoX21またはXaomiMi MIX 2S、 Android PのXNUMX番目のベータ版をインストールすることもできますが、今のところ、メーカーがこれらの端末に対応するバージョンをリリースするのを待つ必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:Actualidadブログ
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。