[動画] SamsungGalaxyのロック画面をカスタマイズする方法

Good Lockを通じて、モジュールの3.0つであるOne UIXNUMXの新しいアップデートを紹介します。 必要に応じてロック画面をカスタマイズできるようにする 私たちの電話から。

モジュールの11つであるOneUIのAndroidXNUMXバージョンのこの最新の更新に含まれており、残りは更新されていますが、広く使用されています 片手操作として、 私たちができるように 私たちが見つけることができるすべての要素の大部分をレタッチします そのロック画面で。 頑張れ。

ロックスターとロック画面

ロックスター

我々は持っています 11つのUIで利用可能なAndroidXNUMXアップデート 3.0をLockstarからダウンロードすると、SamsungGalaxyのロック画面を完全にカスタマイズできます。 それらのギャラクシーS10、Note10またはS20がそうであるように。

最初に必要になります Lockstarの最新バージョンをインストールします 私たちが得ることができるもの:

ロックスターAPK

APKをインストールすると、確かに ギャラクシーストアは私たちを新しいアップデートに連れて行きます そこに行ってインストールします。 GoodLockのインストールを確認することも重要です。

グッドロックAPK

とにかく、Galaxy Storeからこのアプリをインストールして、apkmirrorを通過することを忘れることができますが、このリポジトリは非常に役立ち、これらの問題に対して完全に安全です。

サムスンギャラクシーのロック画面をカスタマイズする方法

カスタマイズ

  • 現在 グッドロックに行きます
  • Lockstarをあげる
  • 私たちは持っているでしょう シリアルロック画面とアクティブ化する機能 このモジュール
  • これをアクティブにすると、ロック画面のカスタマイズを開始できます

とはいえ、常にそれを心に留めておくことが重要です Lockstarモジュールを無効にして、デフォルトのロック画面に戻ることができます、そのため、いつでも拒否できるオプションに直面しています。

3 パーソナライズするために強調表示するセクション:

  • ロック画面を垂直方向に編集する
  • ロック画面を水平方向に編集する
  • アクティブな時間をカスタマイズします

画面の編集

画面のロック

縦型も横型も同じです XNUMXつの機能タブ付き:

  • 要素の位置 私たちが見つけた
  • 壁紙:壁紙
  • 時計の種類
  • 要素:Facewidgets、musicwidget、lockアイコン、ヘルプテキスト、ステータスバー、ショートカット、通知

La 通知を除くすべての要素の位置を移動できます ロック画面全体。

見に行けば サイズを大きくしたり小さくしたりできます いくつかの可能なものから選択します。 しかし、最も興味深いのは、カスタマイズできる要素です。

  • Facewidgets:時計など、アクティブ化したものを非アクティブ化またはアクティブ化します
  • MusicWidget:同じ音楽のXNUMXつ
  • ロックアイコンまたはロックアイコン、ヘルプテキストまたはヘルプテキスト、ステータスバーまたはステータスバーでも同じことが起こります。
  • ショートカット:一度押すと、インストールされているすべてのアプリの最大6つのパーソナライズされたアクセスを選択できます。 もう一度押すと、ロック画面の両側に水平形式と垂直形式のどちらに配置するかが切り替わります。
  • お知らせ:アイコンまたは詳細のみを非アクティブ化できます

最後に 自動レイアウトオプションがあるので、インテリジェントに そして、私たちがアクティブにした要素に応じて、それらは自動的に調整されます。

そうすることができます サムスンギャラクシーのロック画面を完全にカスタマイズします。 詳細については、ビデオをご覧になることをお勧めします。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:Actualidadブログ
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。